雑記

三沢厚彦 ANIMALS IN TOYAMA を観てきたお話

富山県美術館で開催中の

『三沢厚彦 ANIMALS IN TOYAMA』を観に行ってきました。

平日休みバンザイ🙌

ということで、こどもたちが保育園に行っている間に友達とゆっくり鑑賞できました!

f:id:samosta:20181130161842j:image

三沢厚彦さんについて

2000年からゾウやキリンなどの動物をモチーフとした彫刻「ANIMALS」シリーズを発表しています。

クスノキを使い、ほぼ等身大に彫り込み彩色をした木彫は、見るものの記憶やイメージを喚起させ、圧倒的な存在感を放っています。

近年ではユニコーンや麒麟など空想上の動物にも挑戦し、生のリアリティを追求しています

(パンフレットより)

富山県美術館には、常設の三沢さん作のシロクマがいます。

なので、ANIMALSの存在は知っていましたが、作者が誰でどんな人なのかっていうのは今回はじめて知りました。

ANIMALS IN TOYAMA

f:id:samosta:20181201062015j:image

まず、とにかくすごい!!

すごいとしか言いようがない。

自分のボキャブラリーのなさにがっかりだけど(^^;

「すごいね!」ばっかり言ってました。笑

f:id:samosta:20181201061912j:image

何がこんなに人を惹き付けるんだろうか…

見た目、この何とも言えない表情。

絶妙な色使い。

(近くで見ると微妙なグラデーションが施されてる)

彫り方も単調じゃなく、部分部分で見るとすごく面白い。

丸みがたまらなくかわいい。

f:id:samosta:20181201061940j:image

写真OKのコーナーは1ヶ所しかなかったです。

写真NGコーナーの動物たちがまたとても魅力的でした。

キリンやサイ、ワニやフクロウ。

こどもたちにも見せたかったな!

でも騒ぐし触るから絶対連れていけない(|||´Д`)

展示場の外のモニターで、大きな一本の気からシロクマができるまでの映像が放映されていました。

見入ってしまいましたね…。

あの映像を見てから作品を見ると、また違った角度から見れて面白かったです。

さいごに

今回、友達が誘ってくれて、興味があったので行ってみました。

美術館ってあんまりいかないんだけど、なんかすごく癒されました😊

全国各地、いろんなところで展示会やってきてるそうです。

多くの人にぜひ自分の目で観てもらいたいです♪

富山県美術館では12月25日(火)まで開催中。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ABOUT ME
さくもも
はじめまして。読書大好きさくももです。年間100冊読みます。ビジネス、自己啓発、小説、実用書などを読みます。2人のこどもがいる短時間ワーママです。こどもは3歳と1歳の女の子♬読んだ本の感想や、こどもたちのこと、思うままにつらつらと書いていきます。