『どこでも誰とでも働ける』レビュー!学んだことと感想まとめ

ビジネス書大好きさくもも(@samosta25)です。

Kindle unlimitedで尾原和啓さんの『どこでも誰とでも働ける』を読みました。

  • 転職したいけど迷っている人
  • 肩書迷子になっている人
  • 新しい自分を発見したい人

この本は、読み終わると前向きになれます!

やったるぞ!!とやる気になれるのでおすすめです♬

『どこでも誰とでも働ける』の意味

『どこでも誰とでも働ける』このタイトルを見て、どんな内容を想像しますか?

わたしは、「どんな職場へ行っても、みんなとうまくやっていけるよ」というような内容を想像しました。

実際はどんな意味なのでしょうか?

著者の尾原さんはこのように言っています。

  1. どんな職場で働いたとしても、周囲から評価される人材になる
  2. 世界中のどこでも好きな場所にいながら、気の合う人と巡り合って働ける

今までの日本では、職歴の多い人(転職を繰り返している人)は、あまりよく思われない傾向がありました。

「長続きしない」「努力が足りない」などと、マイナスなイメージで捉えられるのです。

しかし、これからの時代は、自分のレベルアップのためにいろんな仕事に挑戦したり、多くの職場を経験する!という選択肢もあってもいいのではないでしょうか?

そうなると…

「多くの経験をしている」「いろんな分野に詳しい」などと良い評価をされるようになります。

そんな時代になると、多くの人がいろんな経験をして、自分でも思いもしなかった能力を発見・発揮できたり、世の中もっとうまく回っていくようになるんじゃ…!!

と、わたしは期待します♬

さくもも
さくもも
わたしもいろんな職場で学んでみたい…!!

最も大事なのは「ギブの精神」

どこでも誰とでも働ける人になるには、ただ転職を重ねていろんな職場からエッセンスを吸収すれば良い、ということではありません。

多くの職場を経験することで、自分自身のレベルアップを目指すなら、

そこで最も大事にしないといけないのは、

「ギブの精神」です。

これは、わたしがこの本から得た1番の学びです!

「ギブ&テイク」ではなく

「ギブギブギブギブギブ&ギブ!」なのです。

さくもも
さくもも
ギブギブ言い過ぎ!!だけど本当に大事だよ!

見返りを求めることなく、自分の持っているスキルを惜しげもなく提供することで、新しい経験を仕入れることができるのです。

この「ギブの精神」が大事って、職場に限らないと思うんです。

例えばツイッター。

ツイッター上には、有益な情報がゴロゴロ転がっています。

わたしはツイッターとブログを始めた頃、

実際に「ブログで稼いでる人」が「ブログで稼ぐための方法」を惜しげもなく公開しているのを見て、「ありがたい」と同時に「なんて心が広いんだ!!」と思っていました。

今思えば、それを「なんて心が広いんだ!!」と思っていたわたしの心が逆に狭かったってことですよね。

わたしだったら、そんな成功体験、他の人には教えないもんねー!といった感じ。笑

ちっちゃい人間でしたね。笑笑

まぁ、人間どこかで見返りを求めてしまうものかもしれません。

周囲にどんどんギブしていくと、直接的な見返りはなくても、

もっと大きい見返り(経験・スキル・人望・ブランド)が手に入るのです。

自分が持っている知識や情報は、隠すよりもオープンにしたほうが、自分のためにもなるということですね。

さくもも
さくもも
逆の立場で考えたら、たくさんギブしてくれる人は信頼できるな〜って思うよね!

考えるより「まず行動」

次に、大事なのは行動力です。

頭でっかちになるより、まず行動することが◎

悩む暇があったら動く!どんどん動いて、トライ&エラーを何度も繰り返すのです。

PDCAサイクルってみなさん知っていますよね?

plan(計画)

do(実行)

check(評価)

action(改善)

を回すのがPDCAサイクルです。

尾原さんは、これでは動く頃には時代遅れになっていると言います。

尾原さんが推奨するのはDCPAサイクル。

まず行動 → 評価 → 計画 → 改善

とにかく「実行」回数を増やすことが重要です。

チャレンジする回数が増えれば、成功する確率も上がります。

ネット時代にふさわしいのは、とにかくどんどん実行して軌道修正をはかるDCPAサイクルですが、正確にはDC→DC→DC→DC→……とdoとcheckを繰り返して、とにかく答えを見つけることです。

計画ばかりたてて何もスタートしないのでは成長しませんが、何回もやって失敗を重ねるほうがどんどん成長できます。

失敗してもいいと割り切ることが、DCPAサイクルをうまく回すコツです。

とにかくどんどんバットを振りまくっていきましょう!!

さくもも
さくもも
バットを振らないことにはボールは打てないもんね!

自分のアイコンを持つ

現代はインターネット時代!ソーシャルなつながりを大切にしなければいけない時代です。

そこで大事なのは

常に「自分」の情報の更新、つまり自己紹介を続けることです。

「○○さんと言えばラーメン」

「○○さんと言えば犬」

といったその人のイメージを確立することが大事です。

「さくももと言えば本」

「さくももと言えば年間100冊の人」

みたいな感じですね。

わたしはそうなれてるのかな??

「アイコン」というのはわたしでいう「本」のことです。

そのイメージで世の中に覚えてもらわないといけません。

まだそういうのないなぁという人は、自分のアイコン探しをしてみて下さい。

まとめ

「どこでも誰とでも働ける」人になるためには

  1. ギブの精神を忘れない
  2. とにかく行動する
  3. 自分のアイコンを持つ

この3つが欠かせません。

この本の中では45の項目が紹介されています。

わたしが特に重要だと感じた3つを紹介しました。

興味がある方は、ぜひ本書を読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

ABOUT ME
さくもも
さくもも
はじめまして。読書大好きさくももです。年間100冊読みます。ビジネス、自己啓発、小説、実用書などを読みます。2人のこどもがいる短時間ワーママです。こどもは3歳と1歳の女の子♬読んだ本の感想や、こどもたちのこと、思うままにつらつらと書いていきます。