読書

隙間時間を読書にあてると人生変わる!誰でもできる5つの方法を教えます

隙間時間を読書にあてる方法
さくもも
さくもも
こんにちは。

年間100冊を目標に読書を楽しんでいる

2児ママのさくもも(@samosta25)です。

この記事では、隙間時間を読書にあてるためにやるべきことをまとめました。

  • 読書したいけど時間がない…
  • 読みたい本があるけど、仕事や家事・育児に追われてまとまった時間が取れない…

そんなふうに悩んでいるあなたに、誰でもできる方法をお教えします。

私自身、2年ほど前までは「読みたいのに時間がない」という状況でした。

でもそれは「まとまった時間」がないだけで、いくらでも読書のための時間を生み出せるのに、無駄にしていただけでした。

現在、4歳&2歳のママベッタリな子どもたちを抱えつつも、隙間時間を有効活用して月10冊ほどは読めています。

この記事を読むと、

  • 隙間時間ってけっこうあるな
  • 隙間時間を読書にあててたくさん本を読めそう

と思えるはずです。

今の段階で、自分は本当に多忙だから隙間時間確保はできないな…と思っている人は、読書する気がない人です。

この記事を読む時間ももったいないので、今すぐページを閉じてください。

先にも言いましたが、

  • 読書したいけど時間がない…
  • 読みたい本があるけど、仕事や家事・育児に追われてまとまった時間が取れない…

そんなあなたはぜひ読んでみてください。

隙間時間を読書にあてるためにやるべきこと5つ

隙間時間を読書にあてるためにやるべきこと

隙間時間を読書にあてるためにやるべきことは5つあります。

隙間時間を読書にあてるためにやるべきこと
  1. 常に本を持ち歩く
  2. Kindle(電子書籍)を利用する
  3. Audibleで本を耳で聴く
  4. スマホの通知を消す
  5. スマホのトップ画面から誘惑アプリを消す

1つずつ、説明していきますね。

常に本を持ち歩く

まず、隙間時間を読書にあてたい!と思ったら、ちょっとした時間にすぐに本を読める環境を作らなければなりません。

常に本を持ち歩き、すぐに読み始められる状態であれば、ふとした時間にさっと読めます。

普段から電車移動している人は、かばんに1冊忍ばせて出かけてみましょう。

私は車移動ですが、車に必ず1冊置いてあります。

思いがけず子どもが車で寝ちゃったりすると、ここぞとばかりにどこかの駐車場にとめて読書します。

まずは、いつでも読み始められる環境づくりと、ちょっとした時間でも読書する!という意識を持つことが大切です。

Kindle(電子書籍)を利用する

本を持ち歩きましょう!と言いましたが、紙の本ではなくてKindle(電子書籍)を利用するのもおすすめです。

「隙間時間を読書にあてる」という観点で見ると、紙の本を持ち歩くよりもKindleを利用するほうが効果的です。

Kindleは、専用端末がなくてもスマホ1つあればすぐに利用可能です。

まずは、スマホにKindleアプリをインストールします。

【Android】Kindleアプリダウンロード

【iPhone】Kindleアプリダウンロード

サインイン画面でAmazonアカウントにログインします。

スマホKindleアプリ

Amazonアカウントを持ってない場合は、下の「新しいAmazonのアカウントを作成」をタップし、Amazonアカウントを作る必要があります。

Amazonアカウントでログインしたら、本を購入すればすぐに読めます。

※Androidの場合はアプリ内のストアですぐに購入できますが、iPhoneの場合はブラウザでKindleストアのページへ行き、購入しなければなりません。

アマゾンプライム会員の方は、Prime Readingで無料で読める本もあります。

amazon prime reading

※Prime Readingで読める本は1000冊ほどです。

たくさんいろんな本を読みたい!という方は、Kindle Unlimited(読み放題サービス)もおすすめです。

Kindle Unlimitedは30日間無料体験もできるので、隙間時間で読書するぞ!と決めたら試してみるのもおすすめです。

Kindle Unlimited無料体験はこちらからできます

▽Kindle Unlimitedについて詳しく知りたい方はこちら▽

Kindle Unlimitedレビュー
【Kindle Unlimited】3年以上利用してわかったメリット・デメリットまとめあなたは月に何冊本を読みますか?一般的なビジネス書や実用書などを月に2冊以上読む、または雑誌やコミックを数冊読む、というのであれば、Kindle Unlimitedがおすすめです。月額980円で、100万冊以上の本が読み放題です。初回30日間無料で試せるので、Kindleのある生活をぜひ試してみてください。...

スマホはだいたいいつも持ち歩きますよね?

ちょっとした空き時間に、ただ目的もなくスマホをいじるのではなく、スマホでKindle読書する!と決めるだけで、確実に読書時間が増えます。

スマホにKindleアプリを入れてみましょう。

Audibleで本を耳で聴く

スマホを使って読書する方法としてKindleを紹介しましたが、もう1つスマホを使って本が読める方法があります。

正確には「本を読む」のではなく、「本を聴く」です。

本の朗読を聴けるサービスのAudibleというものがあります。

▽Audibleについて詳しく知りたい方はこちら▽

Audibleレビュー
Audibleを1年以上利用してわかったメリット・デメリットとリアルな感想Amazonのオーディオブックサービス「Audible」は無益な時間を有益な時間に変える最強ツールです。オーディオブックサービスはいくつかありますが、Audibleは断トツで作品数が多く、質もいいです。この記事では、そんなAudibleを1年以上利用してわかったメリット・デメリットをまとめました。...

Audibleは、そもそも「読まない」ので、さらに利用できる時間は増えます。

家事をしながら耳読、運転しながら耳読、といったことが可能になります。

本を開いたりスマホを触ったりできない場面でも、耳でなら聴けるという場面は日常に結構あります。

私自身、通勤の車内でいつも耳読しています。

AudibleもKindle Unlimitedと同じく30日間の無料体験ができるので、実際に聴いて試してみて、自分に合うかどうか判断してみることをおすすめします。

Audibleの無料体験はこちらからできます

スマホの通知を消す

ここまで、スマホを使った隙間時間読書の方法を2つ紹介しましたが、スマホって便利な半面誘惑が多すぎます。

なので、本気で本を読みたいなら、不要な通知は消しましょう。

どうしても必要なもの以外は、基本「通知はすべてOFF」にしましょう。

SNSの通知をすべて受け取っていませんか?

必要のない企業のLINEなんかも通知が来るようになっていませんか?

メルマガが届くたびに通知が来るようになっていませんか?

読書中にスマホに通知が来たら、一気に集中力が切れてしまいます。

隙間時間という限られた時間の中で読書するならなおさらです。

読書している5分、10分くらいは読書に集中できるようにしましょう。

それだけで、短時間にガーッと集中して読書することができます。

スマホのトップ画面から誘惑アプリを消す

ふとした時に無意識でスマホをいじってしまうこと、よくありますよね?

そこで、スマホのトップ画面にあるアプリを目的もなくついつい開いてしまって、気づいたらもう30分経ってた…!なんてこともあるでしょう。

それ、すっごくもったいないです!

SNSやゲームアプリは、すぐに目につくところには置かないことをおすすめします。

私は、スマホのトップ画面には時計・メモ・Kindleしか置いていません。

そうすると、スマホをつい触っても「Kindle」が目に入るので「ちょっとでも読書しよう!」という気になります。

ちなみにSNSは、通知も消していますが、時間を決めて見るようにしています。

目につくところから、誘惑アプリを遠ざけてみましょう。

隙間時間を読書にあてるだけで、読書量はかなり増える

隙間時間だけでたくさん本を読める

隙間時間を読書にあてる方法をお伝えしてきましたが、ここからはそもそも「時間がない」ってどういうことなのか?お話していきます。

「本を読みたいけど時間がない」は言い訳

「本を読みたいけど時間がない」と悩んでいる人は、世の中本当にたくさんいます。

でもそれって本当に「時間がない」のでしょうか?

結論、「本を読みたいけど時間がない」は言い訳です。

「本を読みたいけど時間がない」と言っている人は、「実は読みたくない」か「読もうとしていないだけ」です。

いやいや、本当に仕事も忙しいし家事も育児もあるし手一杯なんです…!

と反論する人もいるかもしれません。

気持ちはよくわかります。

しかし、そんな人は「時間がない」のではなくて、「まとまった時間がない」だけなのです。

まとまった時間がなくても本は読める

読書する=まとまった時間が必要

そんな風に思っている人が多いですが、実際はまとまった時間などいりません。

むしろ、たくさん読んでいる人は「隙間時間」を上手に活用しているのです。

隙間時間を読書に充てる方法をお伝えしてきましたが、30分、1時間とかまとまった時間がなくても、5分、10分の積み重ねで十分読めます。

いやいや、5分じゃ2〜3ページしか読めないよ!と思われるかもしれません。

読書に慣れていない人は、最初はそんなもんかもしれません。

しかし「隙間読書」の積み重ねで、だんだん読むスピードも上がってきます。

そして、5分で少し読んだら続きが気になって、ちょっとした時間でもすぐに「読もう!」という気になったりします。

そうなると必然的に読書時間が増えます。

ぜひ、5分・10分から読書を始めてみてください。

【まとめ】隙間時間を読書にあててたくさん本を読もう

隙間時間を読書にあててたくさん本を読もう

ここまで読んでみて、隙間時間に読書しよう!という気持ちになってくれましたか?

最後にこの記事の要点をまとめます。

隙間時間を読書にあてるためにやるべきこと
  1. 常に本を持ち歩く
  2. Kindle(電子書籍)を利用する
  3. Audibleで本を耳で聴く
  4. スマホの通知を消す
  5. スマホのトップ画面から誘惑アプリを消す

「本を読みたいけど時間がない」は言い訳!

⇒「読もうとしていない」か「読みたくない」かどちらか

まとまった時間がなくても本は読める

⇒5分、10分でも十分読める!隙間時間を積み重ねよう!

どんなに忙しくても、隙間時間は必ずあります。

ぼーっと過ごすのか、有効に使うのか。

全てはあなた次第です。

この記事をきっかけに、隙間時間に読書を楽しんでもらえるようになると嬉しいです。

隙間時間を有効に使い、読みたい本をどんどん読んでいきましょう。

さくもも
さくもも
最後まで読んでいただきありがとうございました!Twitter(@samosta25)でも読書ネタをつぶやいています。よかったらフォローお願いします。
ABOUT ME
アバター
さくもも
はじめまして。読書大好きさくももです。2児ママでも年間100冊以上読みます。ビジネス書が好きですが、たまに読む小説も楽しい!読書の中でも電子書籍やオーディオブックなど、時間がない人でも読書を楽しめるツールを中心に紹介しています。よかった本のレビューはnoteに書いていますので、そちらもみていただけるとうれしいです♡