「頑固なかゆみもアトピーも1分肌活で必ずよくなる」レビュー!かゆみは自分で治せる!

肌活 かゆみ

こんにちは。

先月は「健康月間」と題し、健康にまつわる本を中心に読んできたさくもも(@samosta25)です。

今回は「頑固なかゆみもアトピーも1分肌活で必ずよくなる」のレビューです。

この本を読んだ理由は、子供の頃から長年悩んでいる「手湿疹」のかゆみをどうにかしたかったからです。

私自身、小さい頃はアトピーに悩まされていました。

大人になるにつれ、改善されてきましたが、手湿疹は今でも悩みの一つです。

しかし、「頑固なかゆみもアトピーも1分肌活で必ずよくなる」を読んでから約1ヶ月が経ちましたが、手湿疹の症状は確実に改善しています!

私と同じように、かゆみや肌荒れに悩んでいるあなたに向けて、「頑固なかゆみもアトピーも1分肌活で必ずよくなる」を読んで学んだことを紹介します。

この記事を読めば、「すぐにできる対策」を知ることができます。

かゆみをなんとかしたい!

肌荒れを治したい!

というあなたはぜひ読み進めてください。

※すべての症状が必ず改善するという保障はありません。

肌活の基本3ステップ

肌活の基本

  1. 肌を潤わせる(保湿)
  2. 肌の内部の熱を冷ます(冷却)
  3. 肌を清潔に保つ(清潔)

肌活の基本①肌を潤わせる

「保湿」は肌活の基本の中で最も重要です。

乾いていると、かゆみを感じやすくなります。

ローションや化粧水、クリームなどの保湿剤を、全身にたっぷりとなじませましょう。

私の手湿疹も、乾燥によってよりかゆみが増していたんだと感じています。

私は本書を読むまで、皮膚科で処方された塗り薬は塗るけど、ハンドクリームはあまり塗りませんでした。

しかし、本来塗り薬は炎症を押さえるためのもので、保湿の役割はありません。

保湿して潤いを保った状態で、炎症部分に塗り薬を塗らないと、薬の効果もあまり出ないのだと実感しました。

なので、肌が荒れている、かゆくてたまらない!という人は、まず保湿を徹底してください。

そして、肌の状態が良いときは保湿を怠りがちですが、肌の状態が良いときでも、保湿をしっかりして、良い状態が続くよう意識することが大切です。

肌活の基本②肌の内部の熱を冷ます

皮膚にかゆみを感じるとき、すぐにできる対策は「冷やす」ことです。

かゆいときにかいてしまうと、ますますかゆくなります。

かゆいときに「叩く」って聞いたことありませんか?

私は叩けばいいと思って今までよく叩いてきましたが、それにはかゆみを和らげる根拠はありません。

確実で即効性があるのは「冷やす」ことです。

かゆみを感じたときは、まず冷やしましょう。

肌活の基本③肌を清潔に保つ

肌を清潔に保つことも肌活の基本です。

汗は、かいたら早めに流したり、炎症を起こしやすい部分は水で洗うなど、意識しましょう。

※後述しますが、石鹸で洗いすぎるのはあまり良くないです。

全身汗をかいたときは、清潔な衣類に着替えることも大切です。

【保湿】保湿剤を上手に塗る3つのコツ

肌活 保湿

先程、「保湿」は肌活において最も大事!と言いましたが、ここからは、保湿剤を正しく塗るコツを紹介していきます。

①しわに沿って塗る

一つ目のコツは、しわに沿って塗ることです。

しわに沿って塗ることで、しわの中に保湿剤が入り込み、塗りムラがなくなります。

私自身、お風呂上がりに全身にボディークリームを塗るときは、表面にバーっと適当に塗っていましたが、これを知ってからは丁寧にしわを意識して塗り込んでいます。

冬は乾燥して手だけでなく体もかゆくなりやすいんですが、夜中に「かゆいー!」と思うことはなくなりました。

手に関しても、手を洗うごとに丁寧にハンドクリームを塗り込んでいて、確実に肌質が良くなってきていることを実感しています♫

保湿剤はただ塗っていればOKではなく、しっかり塗り込むことがポイントです!

②風呂上がり10分以内に塗る

二つ目のコツは、お風呂上がり10分以内に塗ることです。

お風呂上がりは、皮脂膜が洗い流されて肌が乾燥しやすくなっています。

小さい子どもがいるママは、お風呂上がりに自分のことは後回しで子どものケアをしていると、自分の肌がカパカパになっていた…!なんて経験、ありませんか?

私はよくあります(;´∀`)

お風呂上がりは乾燥しやすいから、そういうことが起こるんですね。

入浴で潤った水分は、10分もすれば蒸発してなくなります。

なので、10分以内に保湿することが大切です。

③たっぷりと塗る

最後は、たっぷりと塗ることです。

べたつくのが嫌だから…とうすーく塗っていませんか?

特にハンドクリームなんかは、そんな人多いですよね?

実際、わたしもそうでした。

しかし、薄く伸ばして塗っても、保湿効果は得られません。

テカテカするくらい、塗り込むことが大切です。

目安は、塗ったあと、ティッシュが貼り付くくらいです。

【冷却】なぜ肌の内部の熱を冷ます必要があるのか?

次は、「冷却」についてです。

冷却が必要なのは、肌の内部の熱を冷ますことで、炎症・かゆみ・肌の赤みを抑えられるからです。

かゆい部分が赤くなる理由

かゆくなった肌を見ると、すごく赤くなってる!!という経験はありませんか?

手湿疹に悩む私はよくあるのですが、毎回ビックリします。

肌が赤くなるのは皮膚が熱を持ったからです。

熱を持ったのは、皮膚の内部で炎症が起こったからです。

皮膚の内部で炎症が起こる

皮膚が熱を持つ

かゆくなる

このような流れです。

かゆみを即和らげるには「冷やす」ことが大事

上で説明したように、皮膚は炎症が起こることで熱を持ち、かゆみが出ます。

なので、皮膚が熱を持った状態のときは、冷やせばかゆみが落ち着きます。

肌を冷やすことで、内部の炎症が落ち着き、かゆみも落ち着くのです。

かゆい!と思ったらかかずに冷やしてみましょう!

さくもも
さくもも
小さい保冷剤にハンドタオルを巻くのがおすすめだよ!

【清潔】「清潔にしている」の誤解

肌活 清潔

次は、「清潔」に関しての誤解を解いていきます。

石鹸でゴシゴシは逆効果

「清潔」と言うと、「毎日お風呂でしっかりゴシゴシ洗っているから大丈夫!」と思っていませんか?

ナイロンタオルなどに石鹸をつけて、ゴシゴシ洗うのは逆効果です!

そのゴシゴシが余計に肌を傷つけてしまいます。

本来は、石鹸をよく泡立てて、手で洗えばOKです。

本書には、お湯のみ洗いでも汚れのほとんどが除去できると書かれています。

私はお湯だけはちょっと…と抵抗があるので、石鹸をよく泡立てて手で全身を洗っています。

ナイロンタオルでゴシゴシしている人!

今夜からやめましょう!

長風呂はかゆみに最悪

長風呂は、皮脂、セラミドとともに肌の保湿・バリア機能を担っている天然保湿因子を体から奪ってしまいます。

天然保湿因子とは、タンパク質が分解されたアミノ酸です。

アミノ酸は水に溶けやすいので、長風呂をやシャワーの浴びすぎにより体から抜けていってしまいます。

また、お湯の温度も重要で、熱すぎると皮脂やセラミドがお湯に溶け出してしまいます。

なので、熱いお湯に長時間浸かるのは避けましょう。

38〜40℃くらいのお湯に、10分以内浸かるのが肌にとっての理想です。

【頑固なかゆみもアトピーも1分肌活で必ずよくなる】まとめ

今回は、「頑固なかゆみもアトピーも1分肌活で必ずよくなる」を読んで学んだこと、実践していることをまとめました。

実際に約1ヶ月私がやってきたことは

  • 保湿の徹底
  • かゆみを感じたときかかずに冷やす
  • 石鹸をよく泡立てて手で体を洗う

この3点です。

この3つを意識するだけで、体のかゆみはほとんどないし、手湿疹もかなり改善されています。

毎日皮膚科の薬を塗りまくっていましたが、今はハンドクリームのみです。

嘘くさいですが、事実です!笑

かゆみや肌荒れに悩んでいる方は、騙されたと思ってぜひやってみてください。

本書では、さらに食事の面や漢方についてなども詳しく書かれています。

もっと深く知りたい!という方は、ぜひ読んでみてください。

※すべての症状が必ず改善するという保障はありません。よほどひどい場合は皮膚科での適切な治療が必要です。

さくもも
さくもも
最後まで読んでいただきありがとうございました!Twitter(@samosta25)でも読書ネタをつぶやいています。よかったらフォローしてね♬

 

ABOUT ME
アバター
さくもも
はじめまして。読書大好きさくももです。年間100冊読みます。ビジネス、自己啓発、小説、実用書などを読みます。2人のこどもがいる短時間ワーママです。こどもは4歳と2歳の女の子♬読んだ本の感想や、こどもたちのこと、思うままにつらつらと書いていきます。