雑記

インフルエンザ、ゾフルーザって?周囲に移さないようにするには?

この間、インフルエンザA型になってしまいました。

世の中的にはもう下火だというのに…!

今回は、インフルエンザA型の

  1. 感染経路
  2. 症状
  3. 薬について
  4. 周囲に移さないようにするには

についてお話します。

感染経路は?

わたしは今回、こどもや家族からではなく、職場で感染しました。

同僚の息子が発症、2日後に同僚が発症、その2日後にわたしが発症…という流れでした。

(幸い、職場ではその同僚とわたしだけで終息しました。)

一般的に、インフルエンザA型の感染経路は、

  1. 飛沫感染(咳、鼻水、唾液など)
  2. 接触感染(物や手についたウイルス)

の2つが挙げられます。

潜伏期間は1~4日です

症状は?

一般的には、悪寒、ふるえ、急激な高熱が挙げられます。

その他にも、人によってですが、頭痛、筋肉痛、関節痛、咳、鼻水、嘔吐、下痢などもあるようです。

逆に、熱があまりなく、症状が軽いけどインフルエンザ!ということもあるようです。

わたしの場合

わたしは、体の痛みが1番にきました。

腰が痛いなぁ~こどものだっこのせいかなぁ~と思ってたら、腰だけじゃなく、体全体が筋肉痛のような感じになってきました。

それから悪寒がやってきて、「これはもしかして…」と思いました。

その夜、激しい体の痛みと頭痛で全然寝れませんでした。

朝一で受診しましたが、検査の結果は陰性!

インフルエンザの検査は迅速キットで行われます。

鼻の穴にほそーい綿棒のようなものを入れてグリグリして検体を採ります。

これが地味にきつい!!

こどもは特に、つらいと思います。

我が子も検査したことありますが、ギャン泣きで、かわいそうで見ていてつらかったです…。

陰性だったので、普通の風邪薬を出されました。

こんなに具合悪いのに、ただの風邪薬ってどーかしてんじゃないの?って思いましたが、陰性だったので仕方ない…

帰宅して薬飲んで寝るしかないので寝ました。

そしたらどんどん体が熱くなってきて、ここにきて熱が38.7℃!

これ絶対普通の風邪じゃない!

尋常じゃない頭の痛さ

尋常じゃない体の痛さ

翌朝、もう一度受診しました。

診察の結果、

「検査するまでもなくほぼ100%インフルエンザだね!A型だわ!」

と言われました。

「検査のお金ももったいないから、検査せずに確定で薬出しとくね」って…

いや、だから…昨日からわかってたって…って感じでした。

ようやくまともな薬が飲める…!

ちなみに、検査していないので、もしインフルエンザじゃなかったとしたら、インフルエンザの薬飲んじゃっても大丈夫なのか聞いてみました。

結果、それは全く問題ないよ!ってことでした。

薬について

今回、わたしは新薬のゾフルーザを処方されました。

多くの病院では、薬を選べるようです。

インフルエンザの薬と言えば、新薬ゾフルーザの他に、タミフル、リレンザ、イナビルなどがあります。

それぞれどう違うのか、比較してみました。

ゾフルーザ タミフル リレンザ イナビル
服用回数 1回 1日2回×5日 1日2回×5日 1回
服用タイプ 内服 内服 吸入 吸入
体内ウイルス検出期間 約24時間 約72時間 約96時間 約96時間
価格(3割負担で) 約1500円 約800円 約900円 約1300円

ゾフルーザのメリット

1番は、1回服用で終了!という点です。

1回服用はイナビルも同じですが、イナビルは吸入タイプなので、こどもやお年寄りには難しいと言えます。

ゾフルーザは1回のみで内服です。

錠剤2錠でしたが、大きさはものすごく小さく、こんなんで効くの?と思ったほどでした。

5ミリほどの大きさでした。

また、体内ウイルス検出期間が約24時間というのも大きなメリットです。

上の表を見てもらうとその差は一目瞭然ですね。

つまり、ゾフルーザを飲むと、ウイルスが早く体内からいなくなるってことです。

インフルエンザになると、仕事は一定期間お休みしないといけませんが、わたしみたいにこどもには絶対移したくない!とかいう場合、早くウイルスがいなくなって欲しいので、これは重要です。

ただ、これはあくまでも「ウイルス検出期間」なので、早く症状がなくなるというわけではありません。つらいのは、どの薬を飲んでも変わりません…。

ゾフルーザのデメリット

まず、価格が高い!!

3割負担でも、他と比べると明らかに高いです。

そして、私が1番問題だなと思うのは、ゾフルーザを飲んだ人の1割(こどもは2割)でウイルスに遺伝子変異が生じることがあるということです。

ウイルスに遺伝子変異が起こると、ウイルスの検出期間が長くなったり、症状の改善も長引いたりします。

これって大問題じゃないですか?

1割、こどもで2割って結構多いですよね?

また、まだ出たばかりの新薬なので、副作用がよくわかっていないというのもあります。

タミフルの「こどもの異常行動」も、あとから分かってきたことなので、ゾフルーザでもこれから何かしらの副作用が報告される可能性があります。

結局、薬はどれがいい?

メリット・デメリットを踏まえて、選べるならゾフルーザよりもタミフルがいいと思います。(あくまでもわたしの個人的な意見です)

やっぱり吸入よりも内服がいいのと、すでに多くの方が服用してきて副作用もよくわかっています。そして価格も1番安いです。

1日2回×5日服用しなければいけませんが、風邪薬とかだったらそれが普通なので、そんなに苦にならないはず…。

周囲に移さないようにするためには?

 

  1. こまめに手洗いをしましょう。
  2. 常にマスクを着用しましょう。
  3. ドアノブなど、よく触れるところはアルコールスプレーなどでこまめに拭きましょう。
  4. 発症から丸5日、解熱後丸2日は元気になってもウイルスがまだ体内にいる可能性があるので、上記の3つを徹底しましょう。

我が家では、こどもに移さないようにするために、夜はわたしだけ別室で寝ていました。

普段は絶対ママとじゃなきゃ寝れない次女も、今回はパパの寝かしつけで頑張ってくれました。

寝るときはどうしてもこどもたちと濃厚接触なので、そこはかわいそうだけど移すともっとかわいそうなので、別々に寝ることを選択しました。

ちなみに…

感染者の洗濯物を分けて洗濯したりする必要はありません。

食器なども同じです。

まとめ

ここまで、インフルエンザA型についてまとめてきました。

でも、インフルエンザにはかからないようにするのがいちばんです!←あたりまえ。笑

普段から手洗い・うがいは必須ですが、流行期は特に念入りにするべきです。

そして外出時はマスクを着用するなどしたら、もっと安心です。

予防接種は、受けていれば100%かからないわけではありません。

ちなみにわたしも予防接種は受けていました。

受けていたけど感染してしまったわたしは説得力がないですが、受けないよりは受けた方が安心です。

今回、受けていてもかかりましたが、来季も受けると思います。

人間、からだが資本なので、みなさん、健康には気を付けましょうね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ABOUT ME
さくもも
さくもも
はじめまして。読書大好きさくももです。年間100冊読みます。ビジネス、自己啓発、小説、実用書などを読みます。2人のこどもがいる短時間ワーママです。こどもは3歳と1歳の女の子♬読んだ本の感想や、こどもたちのこと、思うままにつらつらと書いていきます。