出口汪さん『子どもの頭がグンと良くなる!国語の力』レビュー

こんにちは。さくもも(@samosta25)です。

今回は、出口汪さんの『子どもの頭がグンと良くなる!国語の力』のレビューです。

  • 小学生のお子さんを持つパパママ
  • 子どもの学力を上げたい!と思っているパパママ
  • 子供の頃、もっと勉強しておけばよかったと思っている人

国語力が重要なワケ

さくもも
さくもも
そもそも、国語力って何??

国語力とは、物事の筋道を立て、それを理解する力のことです。

つまり、簡単に言うと「考える力」だと言えます。

考える力のない子

これからの時代は、自分の頭で考えて解決する力が必要だと出口さんは言います。

「考える力」のない子どもが多いそうです。

それと同じように、「伝える力」もない。

人に何かを伝えるためには、伝えたい情報を頭のなかで整理する必要があります

なので「考える力」がないと、「伝える力」もないのです。

感情語で会話をする子どもたち

さくもも
さくもも
感情語ってどんなの??

「うざい」「やばい」「むかつく」「びみょー」「ウケる」etc…

まぁ、普段から私たち大人も普通に使ってしまってると思います。

「やばい」なんか特に。わたしは当たり前に使っています。

ですが、こんな感情語だけでは自分の気持ちは人に伝わりません

例えば、

子どもが「まじうぜー。すげーむかつく。」と言ってきたとします。

何がどううざくて、何がどのようにむかつくのか。

よくわかりませんよね。

人と人がわかり合うためには、論理語が必要なのです。

さくもも
さくもも
論理語っていうのは、何が、どのように「むかつく」のかを、説明するための言葉だよ!

人に自分の気持ちを正しく伝えるために、「考える力」や「伝える力」つまりは「国語力」が必要だということです。

さくもも
さくもも
国語力、とっても重要だね!!

国語力をつけるには小学生時代の勉強が重要

小学生時代の勉強の仕方を変えなければ、

その子どもは将来時代に取り残され、

より苛烈になる競争社会の敗者になることは間違いありません。

本文より引用

さくもも
さくもも
最初は「ちょっと言いすぎじゃない?」って思ったよ〜

でもそれだけ、出口さんは国語力の重要性を訴えているわけですね。

小学生時代の勉強は、親のサポートが必要です。

そこで勉強が「好き」になれるかは、全て親にかかっていると言っても過言ではありません。

さくもも
さくもも
でも勉強って、国語だけじゃないよね?算数や社会も大事だと思うけど、なんで「国語力」ばかり言うの??

国語の力は、すべての科目に通じるからです。

例えば、算数の問題を解くとき、文章を理解しないと解けませんよね?

問題の意味がわからないと、解きようがありません。

わたしたちは日本人なので、基本はすべて日本語で考え、日本語で理解します。

なので、どの科目の問題を解くにも「国語力」が必要なのです。

「国語だけできなくて、他はなんでもできる」っていうことはないんですね。

逆に、「国語ができれば、他はどれだけでも伸びる」ということです。

子どもの国語力を伸ばすために親ができること

子どもの学習のサポートは親がしてあげなくてはいけません。

我が家の子どもたちは、3歳と1歳なので、小学校入学はまだまだ先ですが、今からでもできること、意識したいことをまとめてみます。

  • 親自身が国語力を身につける ←やっぱり読書が大事?
  • 論理的にわかりやすく会話をすることを心がける
  • 「むかつく」「うざい」などと言ったら、「どうして?」「何が?」と聞く
  • 子どもの要求に対して「どうして?」と聞く ←自分の頭で考えさせる
  • 悪いことをした時は、筋道を立てて説明する ←感情的に怒ってもダメ
  • 子どもの言葉遣いを注意深く観察する
  • 子どもと一緒に読書をする
  • 「なんで?」には一緒に考える姿勢を見せる ←どんなにバカげたことでも否定せずに考える。答えが出なければ調べる
  • とりとめのない話をしていたら、「つまりどういうこと?」と要約させる
さくもも
さくもも
なんでも「一緒に」っていうのがポイントな気がするね!

最後に

ここまで、国語力がいかに重要なのかということ、今からでも親ができることをまとめてきましたが、いかがでしたか?

この本は、Kindleで読みましたが、要所要所でマンガも出てきて読みやすく、とてもわかりやすかったです。

本を読むのがあまり得意じゃないよって方にもおすすめします。

興味がある方はぜひ読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ABOUT ME
さくもも
さくもも
はじめまして。読書大好きさくももです。年間100冊読みます。ビジネス、自己啓発、小説、実用書などを読みます。2人のこどもがいる短時間ワーママです。こどもは3歳と1歳の女の子♬読んだ本の感想や、こどもたちのこと、思うままにつらつらと書いていきます。