子育て

子育てのイライラを軽くしてくれる『怒らない子育て』

こんにちは。

2児ママのさくもも(@samosta25)です。

世のお母さんたち!

子どもについつい怒ってしまい、後悔することはありませんか?

怒らなくていいことで怒ってしまい、反省することはありませんか?

私はあります。それも、しょっちゅうあります。笑

我が家には3歳と1歳の娘がいます。

まだまだ小さい二人。

言ってもわからないこともまだまだ多いし、こんな小さな子ども相手に怒っていても仕方ないよね…と思いつつも日々イライラしてしまっている自分がいます。

あんまり怒っていると、成長にも悪影響をおよぼすんじゃないかな…なんて心配になったりもします。

世のお母さんたちはわかってくれるんじゃないかな?

冷静になると、子どもに怒るのは良くない、穏やかに接することを心がけよう…って思うのに、また翌日には怒ってしまっている自分がいる…繰り返しちゃうんですよね。

そんな自分を変えるべく!今回「怒らない子育て」を読んでみました。

「怒らない子育て」を読んで、学んだことを記事にまとめてみました。

この本を読むと

  • 子どもにイライラしてしまう原因がわかります
  • 自分を責めることがなくなります
  • イライラしてしまったときの対処法がわかります

「怒らない子育て」を読んで学んだこと

「怒ること」は悪いことではない

「怒ることは悪いことではありません。」

冒頭にこの文章がありました。

子育てにイライラはつきもの。

でもそのイライラは上手にコントロールできますよと。

先生、ありがとうございます!

悪いことじゃないよ!と言ってもらえると救われます。

イライラするのは仕方ない。

でもコントロールしようね!ってことですね。

怒りの記録をつけて「自分の怒り」を客観的に見つめることが重要

怒るのは悪いことじゃない、コントロールすれば良いのです。

では、どうやってコントロールするのでしょうか?

まず、私も実際にやってみた方法が「怒りの記録」をつけることです。

どんなことに怒ったのか?

なぜ怒ったのか?

  1. 怒ってしまった出来事
  2. そのときどう感じたのか?
  3. 実際はどうしてほしかったのか?
  4. 3を実現するためには何をしたらいいか?

このような感じで書き出します。

実際に書いてみると、

「え、大して怒ることじゃなくね?」って思えることもあります(^^;

記録したら、その「怒り」を4つに分けてみます。

「怒り」の分け方

  1. 重要度が高い
  2. 重要度が低い
  3. コントロールできる
  4. コントロールできない

このうち「重要度が低くてコントロールできないもの」はどうでもいいわけです。

「重要度が高いけどコントロールできないもの」も、怒ってもしょうがないってこと。

「コントロールできる」怒りにフォーカスすることが大事です。

「怒り」ではなく、第1感情を伝えることが大事

「怒り」というのは第2感情です。

※第1感情とは…不安、悲しみ、苦痛、ストレス、寂しさ、絶望、期待など。

つまり「○○したらダメでしょ!」

ではなく、

「○○したら××だからママ悲しいなぁ」

といった感じで伝える。

たしかに、わっ!と言っても伝わらない。

最近は

「ママ困るなぁ」とか「ママ悲しいなぁ」と

よく言っています。

わっ!と言うときよりは、確実に話を聞いてくれている気がします。

叱るときこそポジティブに!

「ダメな子だな~」とか絶対にNGです。

「○○しないと外に放り出すぞ!」とかも絶対にだめ!!

これ、うちのじいじが言っちゃうんですよね~

やめてほしい…。

叱るときにネガティブワードは厳禁です。

「なんでそんなことするの!」

「だめでしょ!」

ではなくて、

「これはこうしようね!」

「こうした方がいいよ!」

「一緒にやろうね」などといった言い方が良さそうです。

自分と子どもの立場を入れ替えてみよう

もし子どもに

「朝パンばっかり嫌だからちゃんと作ってよ!」

「もっとちゃんと掃除してよ!」

とか言われたらどうですか?

絶対嫌ですよね…!

自分がされて嫌なことは人にするなということです。

これを考えると穏やかな気持ちになれます。

おもしろいし、おすすめの手法です!

【まとめ】怒らない子育て

今まで子育て系の本は何度か読んだことがありますが、たまにこういう本を読むのはすごくいいことだと思います。

子どものことをしっかり考える時間が作れるからです。

よく言われるのは、こんなに子どもに手がかかるのは今だけだよってこと。

子どもはいつか巣立っていくものです。

今回改めて「こんなことで悩むのも今のうちだけだしな~」って思いました。

あとがきにこんな言葉がありました。

「子育て4訓」

  1. 乳児はしっかり肌を離すな
  2. 幼児は肌を離せ、手を離すな
  3. 少年は手を離せ、目を離すな
  4. 青年は目を離せ、心を離すな

「怒らない子育て」より引用

すごい、なるほど納得ですね。

これを心に留め、怒らない子育てを実践していけたらなぁと思います。

こどもたちとの時間、今しかない時間。

もっともっと大切にしていきましょう。

さくもも
さくもも
最後まで読んでいただきありがとうございました!Twitter(@samosta25)でも子育てネタをつぶやいています。よかったらフォローしてね♬
ABOUT ME
アバター
さくもも
はじめまして。読書大好きさくももです。年間100冊読みます。ビジネス、自己啓発、小説、実用書などを読みます。2人のこどもがいる短時間ワーママです。こどもは4歳と2歳の女の子♬読んだ本の感想や、こどもたちのこと、思うままにつらつらと書いていきます。