雑記

主婦の節約&貯金が長続きするコツ!3ステップを意識すればOK

節約や貯金、できていますか?

節約→貯金で挫折(失敗)した経験があるので長続きする方法を知りたいです
ズボラな私でも出来る、なるべく簡単な方法はないですか?
そもそも収入が少ないので、これ以上の節約が難しいです……

こんな悩みがある主婦の方も多いと思います。

そこで今回は、「なるべく簡単に」「長続きできるような」節約方法をお話していきます!

  1. 知る
  2. 削る
  3. 増やす

の3ステップです。

さくもも
さくもも
賢い節約主婦になろう♬

【知る編】節約主婦になるために大事な事前準備

まず、節約を始める前に知っておきたいことがあります。

一番重要なのは「現在どのくらいの月収入があって、毎月どのくらい使っているのか」という数字を出すことです。

毎月の収支を「見える化」していきます。

あとは節約と貯金を長続きさせていく「コツ」も先に知っておきましょう!

まずは収支(具体的な数字)を把握することから

まだ毎月の収支を数字で把握していない人は、ここから始めてください。

もっと簡単に言うと、「何円入ってきて、何円出ていくのか」ということです。

毎月の具体的な数字を把握できていないと、どこが削れてどこが削れないのか判断できないからです。

この状態だと、ただなんとなくの節約に…。

さくもも
さくもも
これでは貯金なんて夢のまた夢だね…

数字の把握は最も重要です!!

例えば、ダイエットしたいときもそうです。

今自分が何キロなのかを把握できていなかったら、ダイエットしたとしても一体何キロやせたのかわからないですよね(;´∀`)

支出と収入の数字を正確に把握するためにまずは「家計簿」をつけましょう。

今はスマホアプリにも「家計簿アプリ」はたくさんありますし、レシートを読み込んでくれるタイプのものもあります。

わたしが使っているのは、マネーフォワードアプリです。

我が家は有料のプレミアム会員になっていますが最初は無料で十分です。

我が家の家計は、マネーフォワードで全て旦那と共有しています。

家計簿 マネーフォワード ME - 人気家計簿アプリ

家計簿 マネーフォワード ME – 人気家計簿アプリ

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

 

長続きさせるコツ1:最初は小さめの目標設定

次は、節約と貯金を長続きさせるコツです。

最初は「小さな数字で目標設定」してみましょう。

例えば、いきなり「月10万円を貯金しよう!」などと大きすぎる目標設定をしてしまうと、節約がとてもハードなものになってしまいます。

そして大きすぎる目標設定だと、過酷すぎてすぐに挫折してしまったりします…。

「月10万円」は大げさな例かもしれませんが、節約するということは「生活レベルを下げる」ということになります。

これはかなりきついことです。

なので、最初はごく小さな数字を目標にしたほうがいいです。

さくもも
さくもも
「まずは月に1万円貯金していこう」といった感じかな♬

最初は「小さな数字で目標設定」して、節約に慣れてきたら徐々に目標金額をふやしていくのがおすすめです。

長続きさせるコツ2:強制力を利用した「積立」や「先取り」

人は、ついつい誘惑に負けてしまうものです…。

「今日からダイエットするって決めたのにコンビニスイーツを食べてしまった」

「料理するのがめんどくさくて外食で済ませることにしてしまった」

こんな経験は誰でもありますよね(;´∀`)

こういった誘惑は節約にも襲いかかってきます。

誘惑を未然に防ぐために、「強制力」を利用しましょう!

具体的には銀行口座の「積立」を利用します。口座に旦那さんや自分の給料が入ったら、自動的に「○万円」引き落とされるように設定するだけです。

これで、自分の意思とは関係なく毎月必ず貯金できてしまいますよね。

給料日になったら目標金額の「○万円」を先に貯金用口座に入金する!とかでもOKです。

こうした「積立」や「先取り」を積極的に利用します。
そうすることで、収入=生活費ではなくなります。

収入ー貯金額=生活費 になります。

・毎月の給料 → 30万円
・毎月の目標貯金金額 → 1万円

だとしたら、毎月の給料が29万円に減額されたようなイメージです。

=その29万円が生活費です。

ない袖は振れないので、今月からその29万円で生活していかなければなりません。

「積立」や「先取り」という強制力を上手に使っていきましょう!

【削る編】節約できる→予算化、節約できない→見直し

節約できる項目(消費)と節約できない項目(固定費)にざっくりわける

「知る」をクリア出来たら、いよいよ「削る」というステップに入ります!

具体的には、月々の支出を、節約できそうな「消費」と節約できなさそうな「固定費」にざっくりと分けてみます。

【例】
※説明のためかなり簡単に分類しています。

消費

  • 食費
  • 日用品
  • 衣類
  • 娯楽費

 

固定費

  • 住宅ローン(家賃)
  • 光熱費
  • 通信費
  • 教育費
  • ガソリン代(交通費)

消費

「消費」部分は積極的に削れますよね。

この分類ではそれぞれに「月の予算」を決めて、予算を超えないようにしていけばOKです。

食費を1万円減らすとか、日用品を1万円減らすとかは結構苦しいですが、すべてひっくるめて「消費」から1万円ほど減らしていくことは、そこまで難しくないです。

固定費

次に「固定費」ですが、ここについては削るのが難しい項目もあると思います。

教育費や交通費などですね。

そういったどうしても削れないものは仕方がないとして、ひょっとしたら削れそうな項目に注目してください。

「光熱費」は工夫次第でおさえることができますし、「通信費」は格安SIMや中古スマホ、WifiもモバイルWifiに乗り換えるなど、わりと削りやすい部分です。

ご家庭によって難しい部分や可能な部分は変わってくると思いますが、一度「見直し」してみるといいでしょう。

固定費は見直せば意外と節約できたりします♬

ということで、

  • 「消費」は予算化
  • 「固定費」は見直し

を取り入れてみて下さい。

あまり知られていないけど実はとても有効な節約方法

ここではあまり知られていない節約方法について解説していきます。

かなり有効です。
ぜひためしてみてください。

それは、「支払いをクレジットカード中心にする」ということ。

クレジットカードはポイントがたまるからです。

公共料金の引き落としから日々の買い物までクレジットカード決済にしていけば、かなりの額のポイントがたまっていきます。

そしてたまったそのポイントを、食費や日用品にあてることができます。

こうすることで、ただ支払いをカードにしているだけなのに自然と節約出来ちゃいます。

クレジットカードはなんとなく怖いイメージがある方も多いと思いますが、きちんと賢く使っていけば強力な味方になってくれます!

さくパパ
さくパパ
俺は基本、支払いは全て楽天カードだよ!
さくもも
さくもも
パパは「超」がつくほどポイントオタクだからね〜

※もちろん、きちんと「予算化」して予算を超えないようにクレジットカードを使ってください!

【増やす編】貯金が加速する!裏技的な節約方法

もっと節約したい or 収入が少なすぎる場合はいっそ「増やす」

ここまで、「知る→削る」というステップで節約と貯金についてお話してきました。

最後は「増やす」というステップです。

というのも、日々の節約には限界があるし、すでにぎりぎりの生活をしているから「節約と貯金」は無理!!

という人もいるはずです。

そういった「もっと節約したい人」「節約が困難な人」は、いっそのことお金を増やしましょう!

逆転の発想にはなりますが、お金が増えれば貯金することは簡単になるからです。

今以上に切り詰めずに、増えたお金をそのまま貯金すればOKなので、節約するよりもはるかに簡単ですよね。

節約と同時に「お金を増やす」ということに注目してみてください。

比較的カンタンにできる「お金の増やし方」3選

「お金の増やし方」として一番に思いつくのはアルバイトやパートですが、この記事ではそれ以外の方法についてご紹介します。

①断捨離して不用品販売

いまや、メルカリやヤフオクなど、個人でもネットを使えば簡単にものを売ることが出来る時代になりました。

一度はメルカリやヤフオクを使ったことがある人も多いのではないでしょうか。

そういったアプリを使って、断捨離しましょう。

家にモノが多かったり、「最近、掃除できていないなあ」という人には特におすすめです。

家がきれいになって、そのうえお金まで増えるのでまさに一石二鳥といったところです。

さくもも
さくもも
わたしは本やベビー用品をメルカリで売ってるよ〜

②ポイントサイトを活用する

ポイントサイトを経由してネットショッピングする場合、お得に買えることが多いです(ポイントをもらえる=実質的な割引)。

さらに、決済にクレジットカードを掛け合わせるとポイントの2重取りが出来ます。

また、ポイントサイトの使い方は買い物だけにとどまりません。

クレジットカードを発行したり保険の無料相談に行ったりすると高額な「セルフバック」がもらえたりします。

1件で1万円以上ももらえる案件が普通に転がっているので、条件に合う人はトライしてみてください。

ちなみに、ポイントサイトは人に紹介することでポイントが貰えますので、友人やSNSのフォロワーが多い人は紹介してポイントを稼ぐことも可能です。

有名な老舗サイトで「ハピタス」というものがあります。

③ネット上での在宅ワーク

主婦が在宅でできる仕事も、最近は増えているんです。

具体的には「ランサーズ」や「クラウドワークス」といったクラウドソーシングサイトで仕事を探しましょう。

  • データ入力
  • ライティング
  • メール対応

初心者OKの簡単な仕事も多く募集されています。

条件のいい案件を複数受注していけば、月に数万円を増やしていく程度であればそれほど難しくはないです。

まとめ:「知る→削る→増やす」の3ステップで、今日から節約主婦に!

最後に、この記事の内容を軽くまとめます。

  • まずは収支(具体的な数字)を把握する
  • 最初は小さめの目標設定をする
  • 「積立」や「先取り」という強制力を利用する
  • 節約できる項目(消費)と節約できない項目(固定費)にざっくりわける
  • クレジットカード決済を使う
  • もっと節約したい or 収入が少なすぎる場合は「増やす」
  1. 断捨離して不用品販売
  2. ポイントサイトを活用する
  3. ネット上での在宅ワーク

 

節約や貯金って、つらい・難しいというイメージを持っている方も多いと思いますが、この記事に書いたことは、わりと手軽にできることばかりです。

無理のない節約生活を送って、ちょっとずつ貯金を増やしていきましょう!

さくもも
さくもも
最後まで読んで頂きありがとうございました!twitter(@samosta25)もよかったらフォローお願いします♬

 

ABOUT ME
さくもも
はじめまして。読書大好きさくももです。年間100冊読みます。ビジネス、自己啓発、小説、実用書などを読みます。2人のこどもがいる短時間ワーママです。こどもは3歳と1歳の女の子♬読んだ本の感想や、こどもたちのこと、思うままにつらつらと書いていきます。